マサキカイロ院長

はじめまして、マサキカイロプラクティック院長の溝口です。

私は、初めてカイロプラクティックへ行くことと、歯医者へ行くことは似ていると思います。

違和感を感じ、痛みや症状が軽いうちに行った方が良いとわかっていても、
「怖いし嫌だなぁ」「我慢できるから、まだいいや」などど先延ばしにしているうちに、
症状がどんどん悪化していきます。
意を決して歯医者へ飛び込んだときには、虫歯はかなりひどくなっていた!
そんな経験はありませんか?

カイロプラクティックも同じです。
初めは不安で怖くて行きづらいでしょう。
「なんか怖いから嫌」と感じている方が多いと思います。
そして、先延ばしにしているうちに骨格のズレによる痛みや症状が悪化してしまうのです。

我慢できない痛みや症状が悪化した状態で来院された方は、
「もっと早く来ればよかった」とおっしゃいますね。

当院に初めて来られる方の多くは、当院の患者様の紹介です。
自身の体験から「早く治療した方が良い」とわかっているから、
そして、私どもの技術を信頼して頂けているから、「カイロプラクティックは怖くないよ」と、
大切な人へ薦めてくださるのです。

私は、治療する上で最も大切な事は「患者さんを診る」ことだと考えます。
症状や痛みの場所だけを診て、判断するのではなく、

施術する上で最も大切な事は「一人一人を見ること」だと考えます。
症状は結果であって、原因ではありません。
ヘルニアが足首のズレからきていることもあれば、
骨盤の歪みから頭痛を起こしていることもあります。
今ある症状にとらわれず、根本的な原因を取り除かなければ治るものも治りません。
私は開業して15年、累計17万人以上の方のを施術をしてきましたが、
来院される方の症状は似ていても、原因は十人十色、ひとり、ひとり違います

それぞれの原因を見極め、「ひとり、ひとり、どの様な施術をするのが最も良いのか」
を大切に考え施術にあたっています。
当院を信頼し、身体をあずけて頂いているのですから、
その信頼に応えるべく全力をもって治療にあたります。

また、カイロプラクティックは今ある痛みの改善だけでなく、
「痛みのでない、壊れないカラダづくり」にも役立ちます。
定期的メンテナンスを行うことで、10年後、20年後も今と同じ元気なカラダを目指します。

カイロプラクティックを通し、患者さんとそのご家族の方の安心、笑顔をお手伝いすることで、
皆様の幸せに繋がると信じているのです。

                           マサキカイロプラクティック 院長 溝口正城